X-FAB、MFIの過半数の株式を取得

NEWS, Erfurt, Germany, 11月 1, 2012.

MFIX-FAB MEMS Foundry Itzehoeに名称変更


2012
111日、ドイツ、エアフルト発X-FAB Silicon Foundries は本日、ドイツに拠点を置くMEMS Foundry Itzehoe GmbH (MFI) の株式保有率を25.5から51パーセントに引き上げて過半数株主となり、またMFI の名称をX-FAB MEMS Foundry Itzehoeに変更しました。

これらの動きは X-FABの MEMS製造サービスおよびテクノロジへの集中を反映するものです。Itzehoeの拠点は最近発表されたエアフルトのX-FAB MEMS FoundryのMEMS製造能力およびリソースを補強し、マイクロセンサ、アクチュエータ、マイクロ光学構造ならびに気密ウエハレベルパッケージングプロセスの技術が加わることになります。

X-FAB MEMS Foundry ItzehoeはFraunhofer ISIT MEMS Groupとの長年の協力関係を維持し、自動車産業およびその他の市場に対する既存および先端技術、アプリケーション、知的財産の開発と商用化を加速します。

X-FAB Groupのマーケティング担当副社長、Thomas Hartungは次のように述べています。「我々のお客様には、利用可能なMEMS技術の幅がさらに広がったこと、またX-FABのCMOS互換MEMSプロセス向け製造設備への直接アクセスの両面でメリットがもたらされます。X-FAB MEMS Foundry Itzehoeは当社のMEMS戦略の実現に重要な役割を果たし、MEMSファウンダリーサービスにおいて世界で三本の指に入るというX-FABの目標に近づく一助となってくれるでしょう。」

「 ItzehoeのMEMSファウンダリーにおける幅広いMEMS特有のテクノロジポートフォリオとFraunhofer ISITの開発能力の強力な組み合わせにより、X-FABの提供可能なテクノロジラインアップが大幅に拡張されます。」X-FAB MEMS Foundry Itzehoeのマネージングディレクター、Dr. Peter Merzはこのように述べています。「真空および光学系ウエハレベルパッケージングを含めた幅広いMEMS技術を、豊富な実績のあるX-FABのファウンダリーサービスの支援の下で提供できることを嬉しく思います。この統合はX-FABの顧客に対し、慣性センサー、マイクロミラー、圧電変換器等のマイクロマシンデバイスの迅速な製品開発と製造サイクルを一括して提供するものです。」

 

###

略称

BiCMOS

Bipolar junction transistor and CMOS transistor integration
バイポーラ接合トランジスタ CMOSトランジスタの統合

CMOS

Complementary metal oxide semiconductor(相補型金属酸化物半導体

MEMS

Microelectromechanical systems(マイクロ電子機械システム

TSV

Through silicon via(シリコン貫通ビア)

X-FABについて

X-FABはアナログ-デジタル集積回路(ミックスドシグナルIC)用シリコンウェハを製造する世界有数のアナログ/ミックスドシグナルファウンダリーグループです。X-FABはエルフルト、ドレスデンおよびイツェホー(ドイツ)、テキサス州ルボック(米国)、サラワク州クチン(マレーシア)にウェハ製造工場を有し、従業員は全世界でおよそ2,400名です。ウェハは先端的なモジュラー型CMOSおよびBiCMOSプロセス、ならびにMEMSプロセスに基づき1.0~0.13 µmテクノロジに対応し、主に車載、通信、民生および産業用アプリケーション向けに製品を提供しています。詳しい情報は、www.xfab.comを参照してください。